さぽろぐ

  旅行・温泉・観光  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


とことん遊ぶぞ 北海道! › 北海道のグルメ › 北菓楼でランチを食べてみた

2011年01月15日

北菓楼でランチを食べてみた

「すながわスイートロード」の一つ「北菓楼」本店に行ってみた。
あまり知られていないが、JALの機内食でも採用されている夕張メロンピュアゼリーで有名なホリの子会社。






おしゃれな店内には試食があふれている。
「開拓おかき」「はまなすの恋」「バームクーヘン」などの定番はもちろん、
シュークリームや新商品も試食が可能なのは、とってもうれしいね。






10月16日放映された日本テレビ「嵐にしやがれ」でココのバームクーヘンが紹介されたらしい。

そのせいなのか、お土産に買おうと思っていたバームクーヘンはすべて売り切れていた。
そこで火曜日限定発売の「究極シュー(168円)」を購入。



素晴らしい。これって「MY究極シュー」です。
私の好みにジャストフィット。
シュー生地なのに、かすかに残こる米粉っぽいモチモチ感は、いったいなんだろう。
さらに、カスタードにコンスターチを合わせたようなモチモチしたものはナニ?

非常にオススメだけど、火曜日限定発売らしいので要注意
これって「究極」なのに「幻」でもあるなぁ。







ちょうど昼時だったのでランチを取ることにした。
ココのレストランは、スイーツにも使用されている牛乳や生クリームを利用した、美味しいメニューがそろっている。





新鮮な生クリームをたっぷり使用した「カルボナーラ(650円)」
4歳の息子は、2/3をペロッと食べてしまった。
もう子供と1人前を分け合うことはできないんだね。





妻は、子供に食べられる心配が無い「キーマカレーセット(800円)」
香りの高いスパイシーさが甘い香りの漂う店内において、まさに異色の美味さ。





食べ足りない私は「イチゴパフェ(550円)」を追加で注文。
背が高く形が整ったイチゴパフェは、味も整っている。
凍らせたベリー酸っぱいアクセントが素晴らしい一品。

これで550円は、量、質ともに大満足の一品だ。
子供と言えば、長いスプーンを上手に使えず欲求不満になっていたけど。




1970年代に砂川市の基幹産業であった肥料工場、石炭関連産業が衰退していくが、
そもそも砂川市で菓子産業が発達したのは最近の話ではない。

肉体労働者や炭坑夫の疲れを癒すことで発展してきた菓子産業。
今では市を盛り上げている中心産業として活躍しているそうだ。


私的には、砂川市と言えば「こどもの国」と「北菓楼」だ。


あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(北海道のグルメ)の記事画像
舌で感じる大漁の海老 えびそば一幻本店
採れたての枝豆で作る 贅沢なずんだ餅! くるるの杜
秋の北海道 くるるの杜の大収穫祭
加工用トマトで作る 激ウマの手作りケチャップ体験 くるるの杜
生パスタが評判の店レヴァーロにて 札幌市円山
隣でとれた新鮮な野菜を美味しく 長沼町 CRESS
同じカテゴリー(北海道のグルメ)の記事
 舌で感じる大漁の海老 えびそば一幻本店 (2017-01-29 12:45)
 採れたての枝豆で作る 贅沢なずんだ餅! くるるの杜 (2016-09-25 17:19)
 秋の北海道 くるるの杜の大収穫祭 (2016-09-19 07:31)
 加工用トマトで作る 激ウマの手作りケチャップ体験 くるるの杜 (2016-09-03 20:48)
 生パスタが評判の店レヴァーロにて 札幌市円山 (2016-08-31 19:50)
 隣でとれた新鮮な野菜を美味しく 長沼町 CRESS (2016-08-14 06:30)

Posted by 「とうちゃん」 at 17:26 │北海道のグルメ

削除
北菓楼でランチを食べてみた